何気ない癖にも注意しよう

デスクワークの人は要注意。気をつけたい体の歪み。

デスクワークは血行不良を引き起こす!これが首の痛みの引き金?

インターネットの普及に伴い、パソコンを仕事でもプライベートでもよく使う人が増えてきました。そのため、パソコンなどを使ったデスクワークが原因で、首の痛みに悩まされる方も増えてきました。

 

オフィスの風景

 

デスクワークをしていると、つい姿勢が悪くなり、そのまま長時間、悪い姿勢を続けてしまう事があります。加古川 整体では、こうして悪くなってしまった姿勢も改善していくことが出来、予防としてのストレッチも教えて貰えるので多くの方から支持されているようですよ。

 

猫背などの悪い姿勢は、頸椎にとっては、非常に不自然な態勢となります。特にアゴを前に突き出してしまうと、首が後ろに反り返るようになり、頚椎や首の筋肉を硬直させてしまいます。

 

この状態を続けてしまうと、首や肩の血行も悪くなってしまいます。これが疲労物質の蓄積につながり、肩こりや首の痛みを引き起こしてしまうのです!

 

デスクワークは、パソコンを使う時に限りません。テレビを観ている時、同じ作業を続けている時なども、注意が必要です。日常生活や育児の疲れなどからおきる痛みも船橋 整体で改善してみてはいかがでしょうか。本当に辛い痛みも改善したという声が多く聞かれると評判です。

 

リラックスタイムを入れよう!

作業中、少し手を休めて、リラックスする時間を作りましょう。これが首の痛み予防の第一歩となります。背筋を伸ばし、アゴを少し引く練習をしましょう。

 

時々自分の姿勢を見直す事は大切です。身体を少しだけ動かすだけでも、血流が改善され、乳酸あんどの疲労物質がたまりにくくなります。これらの運動は、肩や腕、首などをリラックスさせるためなので、スピーディーにやるのではなく、ゆっくりやりましょう。

 

筋肉を痛める事もあるので注意します。首の痛みが強い時には、突然過度な運動をしないようにする事も重要です。医師に診てもらい、鎮痛薬などを処方してもらい、運動を始めてみると安心です。トリガーポイントからのアプローチで改善すると評判の横浜 整体は、自分本来の姿勢が取り戻せることで人気があるようですね。気になる方は相談してみてはいかがでしょうか。